サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

太陽光発電に投資することが相続税対策になる事例を、具体的に紹介します。

もし、あなたが土地を所有していなくても、太陽光発電は可能です。
一つは土地を借りて、太陽光発電を設置する場合、
もう一つは、土地を購入して太陽光発電を設置する場合、
です。

土地を所有すると太陽光発電システムの償却期間は17年なので、17年経過すると帳簿上の評価額はゼロ円になります。

そのあと17年以降に相続が発生して、子どもさんや奥様に相続が発生したとします。
太陽光発電の評価額はほぼゼロ円なのにも関わらず、相続しても相続後収入が入るので相続税対策としては有利です。
(21年後に売電単価が下がる可能性はありますが・・・)

土地購入の場合のデメリットは、

・土地購入費用を事前に現金で用意する必要があること(融資先による)
・固定資産税がかかる

など、初期費用がかかるのが、デメリットです。

このデメリットが克服できれば土地所有案件は、相続税対策として大変有利な方法と言えるかもしれません。

弊社は、太陽光発電に関する税務サポート、融資サポートを実施しておりますので投資・節税など様々な
目的に合わせたプランを提供できます。

投資をして社会に貢献できる、節税して社会貢献できる、目的は何であっても持続可能なエネルギーは
再生可能エネルギーを分散化していき貢献の第一歩に繋がりますね。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから