サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

本日の題材はモジュールの清掃です。

-----------------------------------------

メンテナンスを行う上で、
『モジュールの清掃はどのように行い、どれくらい時間が掛かるのか』
と言う質問がございましたので、実際の流れを確認する上でブログに書かせていただきました。

今回おじゃまさせて頂きましたのは、
以前ガレージの上に太陽光設備の取り付けをさせて頂きましたお客様になります。
(モジュールメーカーはQセルズ・設置枚数は80枚で設置容量は20kw程になります。)

作業を行うガレージの屋根の高さは3m程になります。
イメージとしては1階建ての建物の屋根位の高さと思っていただけると良いかと思います。

周辺は近隣住宅の車両が駐車されており、屋根上からの放水等は出来ない状態です。

使用したのは、
水道水40ℓ・モップ・ウエス・バケツ・ポリタンク・2連ハシゴ(昇降用)になります。
作業人員は2名です。

作業前準備としては、水道水にはカルキ(塩素)が入っている為、
そのまま使用するとモジュール表面に塩素の白い膜が出来てしまいます。
なので1週間ほど前から、くみ置きしてカルキを抜いておく必要があります。

高所作業になりますので、作業時には安全に注意し、屋根の傾斜を考え軒先側から水を使用することにより、
足元が滑りやすくなる事による転倒、転落に注意し作業を行います。

手順としては
1 . 水分を含ませたモップで軒先側の砂埃をすべて落とします。
2 . 雑巾でモジュール一枚ずつを濡れ拭きして表面の汚れを拭きます。
3 . カルキが残らないように乾拭きをしてすべてのモジュールを磨き上げます。

作業時間は3時間30分でした。
手順としては3項目ですが、時間が掛かった要因と致しましてはモップや雑巾を水で濯ぐ頻度が多く、
モジュールとバケツ間の往復に時間を取られた事が要因として考えられます。

清掃の際の私どもの頑張りは清掃前後の写真の比較にておわかりいただけると幸いです。

   before                  after

   IMG_1179
      
IMG_1185

今後もブログを通してメンテナンスの方法や手順をご理解頂くと共に
お客様からもご教示いただけますよう宜しくお願い致します。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから