サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

本日は日本経済新聞の記事、

【悩む50万社 事業継承に思わぬ壁 税金考(4)】

についてコメントさせて頂きます。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO92145810X20C15A9SHA000/

「少子高齢化の日本。東京商工リサーチによると、全国265万社で、社長5人に1人が70歳以上になった。
高度成長期に創業した全国の社長たちが続々と一線を退く時代に入り50万社超が事業承継に悩んでいる。
1月の相続税の引き上げも相まって、日本経済に思わぬ波紋を広げている。」

私達へのお問い合わせで、

『法人税対策について経産省が打ち出している今回の生産性設備投資促進減税を使用して太陽光発電所を購入して即時償却をしたい』

という法人様が非常に増加しております。
また、それと同じく節税問題で相続税についてのお問い合わせもこれから増加される予想があります。
全国265万社で、社長5人に1人が70歳以上となる今日何かしら対策を考えてある方(経営者)も多いと思います。

対策としては太陽光発電所を購入して、
設備投資による一時的なコスト増により利益が圧縮されるため、計画的に自社株の評価額を下げることが可能です。

このタイミングで自社株を後継者に移すことにより、事業承継を円滑に行うことが可能となります。

会社は「現金に始まり現金に終わる」というように莫大な納税をすることにより、
キャッシュがショートする致命的なことになれば最悪の状態です。
少しでもそうならないように前もっての準備をしておかねばならないと感じますね。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから