サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

こんにちは。副社長の丸林です。
「綾子の部屋」へようこそお越しくださいました。

 

最近の大寒波のニュースは太陽光発電所にも影響が大きいので遠隔監視の担当もピリピリしています。

 

日本列島では北極付近の強い寒気の影響らしいですが、
温暖化?大寒波?太陽が弱っている?など環境が変化していることには変わりないですね。

 
 

遠隔措置の数字が西日本の地域では乱れていたのでオーナー様も不安になった方が多いと思います。
その場合でも原因がわかっているという事が大事ですね・・・。

 
 

本日は2つ皆様にお届けします。

 

①2015年度の太陽電池モジュール上位10位
②良い分譲太陽光発電所を選ぶポイント

 

さて、最近お客様対応していると国産は安心なので国産パネルでのご要望を受けることが多いのですが・・・。
 
 

①〈2015年の太陽電池モジュール製造企業上位10位〉が発表されました。

 

1位・Trina Solar  中国
2位・Canadian Solar カナダ
3位・Jinko Solar 中国
4位・JA Solar  中国
5位・Hanwha Q CELLS 韓国
6位・First Solar 中国
7位・Yingli Green Energy 中国
8位・Shunfeng International Clean 中国
9位・Rene Solar 中国
10位・SunPower Corporation 米国

 

↑このランキングを見ても、もはや日本企業がランクインしておりません。

 

自分の国で名前を知っているから果たして安心なのでしょうか?
会社の倒産リスクは現金に始まり現金に終わるという事でしょうか・・・。

 

わが社の提供する発電所はランクインしているモジュールを使用することが多いです。

 
 

★今日はお客様の声から下記の情報をお届けします。

 

②良い分譲太陽光発電所を選ぶポイント

 

どんな事業にもリスクはつきものですが、リスクを小さくしていく努力は出来ます。
うまくいく人、うまくいかない人には共通点があります。

 
 

【うまくいかない人】
①節税目的(一括償却)でありながら物件の意思決定をずっと迷っている。→期限がすぎてしまう。
*ここが決め所が絞れていない。
②どんな案件が出ていてもリスクばかり気になってしまう。
③資金調達がうまくいかない

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アースコムではそんな方でも融資サポートをしたり税制に必要な面倒な作業は専門税理士にお任せ!!
申請代金は0円にてご提供中(取得後の財務に関する事はオーナー様の税理士さんに対応していただいてます)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 
 

【うまくいく人】
①資金調達が出来ている。
②物件の意思決定は利回りではない
*利回りは外部機関のデータに基づくものであり参考という認識。
③期限を一緒にコミットし手続きには協力的
④物件だけではなく会社訪問をし自らの目で確認している。
*20年間のお付き合いをするので会社の取り組みや姿勢を見ていただきたいと思います。

 

まだまだ、ありますが私自身お客様対応をしている中で数年前から悩んでる方も多く情報を集めても結果決められない何かがあるのを感じています。

 
 

現在、多くの引き合いがある中ですがオーナー様が何を重点に分譲太陽光発電所をお求めになっているかをアースコムのスタッフは丁寧にヒアリングさせていただいてからお勧めの案件をご提案しております。

 
 

来週はお客様と会食する時間がありますので実際のお客様とのセッションもこちらでご報告出来ればと思います。

 

まだまだ寒い日が続きます。どうぞ皆様お身体ご自愛下さいね☆

本日もお付き合い頂き有難うございます。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから