サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

 

こんにちは!営業課の奥田です。
 
最近めっきり寒くなりましたが、皆さんいかがお過ごしですか。
 
今年は関東でも雪が降り、通勤に乱れが生じた事は見新しい記憶になったかと思います。
 
そんな見た目は美しい雪ですが、実際に降ると大変ですよね。
 
 

その雪の対策をした「岩手花巻物件」が残り4区画となってしました。
【岩手花巻発電所】
 

 
kokonoe
<写真はイメージです>
 

 

こちらの雪の対策は過去29年間の最大積雪が680mmのところ架台の高さ1500mm
なんと倍以上の高さとなります。
 
そして架台角度が35度となり弊社案内物件中最大です。
 
この角度により雪が滑り落ちやすい設計となり、また滑りおちた雪が発電に影響がないよう
架台と架台の間の距離(離隔といいます。)が4800mmの広さを持っています。
 
これだけゆったりの設計された岩手花巻物件はパネル角度からの発電も期待できますよね!
 
もちろんシミュレーションなので発電を保証できるものではありませんが・・・。
 
だから償却目的のお客様にも売電目的のお客様にも人気なんです!
 
※即時償却は3月連系までとなり、生産性向上設備促進税制は事前申請が必須なので、
出来るだけ早いタイミングのご購入をお勧めしております。

 
 

それから、この小ぶりの25kWは将来的に転売しやすいんですよね。
 
先々の事を考え、先日も経営者のお客様がまとめて購入を決められました。
 
理由をお聞きしたところ、「流動性に優れているから」と言われておりました。
 
流石に会社を経営している方は先々の事を読まれてますね。
 
これは将来転売の際、「現金化しやすい」という事です。

 
 

太陽光には様々なリスクがありますが、それらをきちんとご説明をさせて頂きご案内をさせて頂きますので、弊社の営業チームになんでもご相談頂ければと思います。
 
ご連絡をお待ちしております。
 
【お問い合わせはこちら】

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから