サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

 

こんにちは。株式会社アースコム・メンテナンス課の坂本です。
 

本日は、投資ビジネスとして認知度も設置件数もアップしている、様々な容量の太陽光発電所で実際に使用している計測器「太陽電池アレイテスター・ソコデス」についてご説明させて頂きます。
 
 

全国を飛び回り、広大な敷地の発電所を定期巡回するメンテナンス課の私にとって、「ソコデス」はどの太陽電池パネルが故障しているか10秒~20秒で簡単に特定できる測定検査機器として、とても重宝しています。
 
定期点検時では「ソコデス」でピンポイントで絞った後、サーモグラフィカメラにて再チェック。
パネルを外して単体で「ソコデス」で測定。
抵抗値が1000Ωを超えており、発電所の約4000枚のパネルの中から、上記の方法で、4枚の異常モジュールを発見したこともあります。
 
IMG_4819  sokodesu
 
実際にメーカー保証があると言っても、しっかりとしたデータがないと保証対象となりません。
 
「メンテナンス不要」と言われている太陽光はひと昔前のこと。
 
今は発電量・売電収入を維持するには絶対不可欠なものですので、今後もこのブログを通してメンテナンス状況・重要性をお伝えしていきますので宜しくお願い致します。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから