サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

 
弊社、株式会社アースコムでは
ソーラーアースのO&Mにおいて、スピード対応を心がけております。

 

本日は、先日から本日にかけて対応させて頂きました
アラートの対応について書かせて頂きます。

 

 

株式会社アースコムでは
メンテナンスのプランについては都度見直しを行い
新しいプランのご提案をさせて頂いております。

 

以前にご契約を頂いておりますプランの中には
「1次駆け付けを別料金」とさせて頂いたプランがございます。
そのプランの対応事例を書かせて頂きます。

 
 
遠隔監視からのアラートや異常が検知されて1日が経過して復旧されなかった場合。
お客様に駆け付けのご依頼の確認をさせていただき、費用がかかる事を確認の上、1次駆け付けを行わせて頂いております。
 
何故1日の経過後にしていたかと申しますと、遠隔機器自体の通信状況により発電に問題がなくても通信異常の症状が出る事があるからです。
 
弊社では現在、
5種類、5つのメーカーの遠隔監視装置を扱っております。
全ての機種に当てはまる事なのですが、通信異常なのか、発電が止まっているような停電状態なのかは、自然復旧がされるかどうか時間の経過を見なければ判断が出来ない事があります。
 
ただ、
駆け付けを行わせていただいた際には
人工代や現地までの交通費等の費用が発生する為、お客様にご負担を頂いております。
 
今回もアラートの発報から1日を経過し、発電の停止もしくは遠隔機器の異常についてお客様にご確認。
その後駆け付けの依頼を受け、滋賀県の発電所に4時間後にはスタッフを派遣し現地確認となりました。
 
発電には異常がなく、遠隔機器の通信リンクが取れていない事が判明。
機器の交換依頼をメーカーに出すと共にお客様に途中報告を入れ、翌日の11時には現地にてメーカーによる機器の交換、
17時まで通信の状態を確認し安定している確認が取れた為お客様に復旧のご報告を致しました。
 
今回はお客様の一時駆け付け対応のご依頼から24時間以内には機器の交換対応までを完了する事ができました。
 
お客様へのご報告まででは29時間19分での完了となります。
 
 
ブログやホームページを通して
今後もこのような実例を上げさせて頂ければと思います。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから