サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

 
こんにちは!
株式会社アースコムの七五三(しめ)です。

 

5月に入り、夏日もだいぶ増えてきましたね。
GWは那須の方に行っておりましたが、牧場で遊んでいたら蚊に刺されました。。。
温かくなると出てくるのは蚊だけではありません!
そう・・・雑草です!
 

先日メルマガでもお送りさせて頂きましたが、本日は発電所の<防草対策>について書かせて頂きたいと思います。
 
 
太陽光発電所をお持ちのオーナー様は日々の天候、気になりますよね?
それは発電状況=売電額に直接つながるからだと思います。
 
発電量の低下は様々な要因が考えられます。
日照条件、影の影響、パワコンの異常etc…
しかしそれらだけではなく、下からくる雑草の影響も大きいです。
 

雑草 無題
 
このように雑草を放っておくと、太陽光パネルに覆う形で陰になります。
そうすると、影の部分はもちろん発電しない。
一か所で発電しなくなると、電気の通りが悪くなり、パネルの破損へとつながってしまいます。
 

国の定めた20年間の電力買取制度があっても、このように発電状況が悪くなっては困ります。
 
アースコムでは、「お客様には20年間運用の中で安定した収益を得てほしい」という思いから、
<防草対策>に力を入れております。

通常のメンテナンスプランにも入っており、地域・設置環境等を見極めながらその発電所にあった防草対策を実施。
場所によっては防草シートを敷く事の出来ない所もあるのでその場所に見合った対策が必要なのです。
 
ただ発電所の販売をするだけではなく、オーナー様の発電所が最適な環境下で最大のパフォーマンスが出来るよう管理していくのが、アースコムのワンストップサービスです。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから