サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

こんにちは。

メンテナンス課、清水です。

今日はアースコムで主有している高圧の発電所、長野軽井沢第一・第二発電所の発電実績をご紹介したいと思います。

 


 

軽井沢第一発電所
パネル ソーラーフロンティアSF-165S 1664枚
パワーコンディショナ デルタ電子 RPI-M20A 13台

 

軽井沢第二発電所
パネル ソーラーフロンティアSF-165S 1536枚
パワーコンディショナ デルタ電子 RPI-M20A 12台

 

このシステムで発電したのがこちらです。

 

軽井沢第一

karuizawa1

 

軽井沢第二

karuizawa2
赤いグラフは発電実績
青いグラフはシミュレーション値
緑のグラフは気象庁の日射予測による想定発電量

 

軽井沢第一はシミュレーションを全ての月で上回っていますね。
あくまでもシミュレーションですので正しい数値ではありませんが、一つの目安として上回っていれば安心ですね。
緑のグラフはその日の想定ですが、雪や薄い曇りなどは反映されない為、誤差はあります。

 

軽井沢第二は、あれ?
1・2月が低いですね。。。
これはパワーコンディショナ1台が1月から停止をしていました。

雪の影響ですぐに交換が出来ず、除雪車を要請してやっとパワーコンディショナを交換できました。

 

軽井沢第二発電所20160419_697

 

そこからはシミュレーション・想定値を上回る発電量が出ていますね。

 


発電所はなかなか見に行くことが出来ません。
遠隔監視が付いていれば、止まっていることに気が付きますし、停止期間が分かるので休業保険の手続きも簡単に済みます。
アースコムのメンテナンスでは保険使用時の手続きや書類の作成なども行いますので、
お客様が手間をとる必要はありません。

 

メンテナンスも「アースコムという選択」

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから