サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

こんにちは。

株式会社アースコム・メンテナンス課の坂本です。

梅雨の候、ジメジメと蒸し暑くなりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は実際に起こったトラブル事例を少し書かせて頂きます。

 


 

「土地付き分譲型太陽光発電所」を所有されているオーナー様、投資家様、企業の皆様。

発電量・売電金額が、ある月の検針票をみると大幅に下がっていたらどうなさいますか?

 

アースコムではお客様の発電所に遠隔装置を搭載し定時監視、障害発生時にはメールで緊急アラート警報が検知できるシステムを採用しています。

 

先日、下記のような緊急メールを受信しました。
 

【お客様:○○○
発電所:○○発電所 区画 08
ユニットID:02
にてデータ取得が1時間以上停止しています。
※なお、このメールはシステムより自動配信されています。
返信は受付できませんので、ご了承ください。】

 

24時間以内でスタッフが現地に駆付け、症状を確認したところパワーコンディショナーのブレーカーが落ちていました。
ブレーカーを上げ復旧しましたが、雷等の急激な電圧変動が原因とのことでした。

 

特に機器も壊れておらずすぐに復旧、被害を最小限に食い止めることができましたのはとても良かったです。
今回は、遠隔監視・緊急メール察知・翌日対応と全てが上手くいった結果でしたが、もし気付かないでいたらと思うとゾッとしますね。

 

アースコムのメンテナンスは1次対応駆付け放題、定時監視、年2回の定期点検、レポート提出等のサービスプランを用意し全国対応しております。

 

現在発電所をお持ちの方で、販売会社が倒産してしまった、どこに連絡していいか分からない。

そのような方は、一度アースコムにご連絡下さい。

 

施工技術を持ったメンテナンスのプロが、経営方針にもある「お客様第一主義」を心掛け、お客様のお悩み解決の力になりますので、お気軽にご連絡下さい。

 

 

今後もブログを通じて、情報を発信していきますので、宜しくお願い致します。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから