サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

 

かつて「太陽光発電はメンテナンスフリーですから」と言っていた各メーカーが、今では「メンテナンスに特化します」と言っているのが業界の現状です。

 


 

株式会社アースコムは、太陽光発電設備の販売事業において、ありがたいことにお客様からのご紹介やリピートが他社様に比べ圧倒的に多いです。

弊社アースコムは、売電事業を行われる20間の安定収益のお手伝いをさせて頂くためにメンテナンス部門を立ち上げました。

そして、太陽光のメンテナンスが確立される前からO&Mをおこなってきました。

 

今また、太陽光市場にとって大きな波が押し寄せようとしています。
それは、2017年4月から施行される「改正FIT法」です。

 

この話がニュースで取り上げられるようになり、お問い合わせを頂く機会も増えてきました。

 

O&Mの観点では、安全性や運用に問題があると判断された太陽光発電所は、設備認定が取り消される可能性があると言う事が新要素です。

 

今までは特に、低圧の発電所のメンテナンスコスト自体に関して、販売店の出すシュミレーションには記載がなかったりもしました。
販売時の利回りにメンテナンス費が加味されておらず、お客様の中にはメンテナンスの重要性を知らない方もいらっしゃいました。

 

「売電収入の1カ月程のコストを掛けるくらいなら規制が掛かかるまで待ってみようか」

なんてことを言われるお客様の声を、メンテナンスセミナーの参加時に聞いた事があります。

 


 

お客様の発電所はメンテナンスをされていますか?

しっかりとした電気点検はメンテナンスプランにはいっていますか?

 

安定した20年以上の期間、発電量を維持していく為には、今まで以上に発電所の適切な点検・保守が求められます。

 

株式会社アースコムは、お客様や同業他社様に支えられ、時代の変化に対応できる会社だと私は思っています。
O&Mについても、新しい手法やサービスをこれからもお客様にご提案させて頂けるように、日々変化し続けてまいります。

 

このブログを通して変化を感じて頂けましたら
幸いです。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから