サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

こんにちは。
エネルギー事業部営業課の丹路です。
最近では風も冷たく、冬の匂いさえ感じられます。
変わりやすい天気が続いておりますが風邪には十分に気を付けてくださいね。

 

さて、今回も清見発電所の物件についてお話させていただきます。
このブログでは何度も清見の物件について書かせていただいたかと思います。

 

隣接地域での実績、なぜソーラーフロンティアなのか、などです。
見落としていたお客様にもう一度ご説明させていただきます。

kiyomibana

 
 
<隣接地域での同エリア、同スペックでの実績>
現状 8ケ月で50,705kwh
50,705kwh÷8ケ月=平均6338kwh
平均6,338kwh×12ケ月=76,057.5kwh(予測)
76,057.5×FIT38.8=2,957,115円(売電収入)
 
もともとのシュミレーションの数値ですと2,399,984円でしたので+55万円上振れしています!
 
 

<ではなぜソーラーフロンティアなのか>
30年間昭和シェルが研究して通常のパネルの弱点の影と熱を克服したCISという化合物で作られて、悪天候・くもりに強く、実績に強い。
また9割近くのお客様がシュミレーションの発電量より多かったと満足のお声もネット上で上がっております。

 
実績の部分では私たち自身、高山発電所で体感しております。

 
また36円のFIT価格で法人様のバルク買いも可能な物件になっております。
おかげさまで64区画ありました清見の物件も数少なくなってきました。
本当にありがとうございます。

 

残りの区画に関しましても足が速い事がうかがえます。
 
清見発電所の詳細につきましては是非、一度お問い合わせくださいませ。

 

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから