サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

こんにちは。

株式会社アースコム・メンテナンス課の坂本です。

 

真冬並みの寒気の影響で、関東地方では24日朝、「初雪」の観測が発表されましたね。

東京で11月に初雪が観測されるのは1962年以来54年ぶりのことでした。

 

私たちのメンテナンス課は、土地付き分譲型太陽光発電所を所有されているオーナー様、投資家様、企業の皆さまが節税、償却、売電収入を目的にご購入された土地付き太陽光発電設備を守る役目をし、定期的なメンテナンスを実施させて頂いておりますが、他に遠隔監視装置、WEBカメラを用いて定時監視も実施しております。


 

カメラ監視の目的としましては、鳥獣害による破損、雑草の影等、様々な原因による太陽光モジュールやパワコンのトラブル発見。

もともと天候により発電量が左右される太陽光発電所は、故障やトラブルによって発電量が低下していても、なかなか発見することができません。

 

IMG_1677 (1)

今回のような、積雪、地震等の自然災害後の現状確認も重要な業務です。

遠方であれば尚更、その効力は発揮されます。

 

 

●「なぜ、発電量が0なの?」に対応する体制

遠隔監視のグラフ・数値では判明できない部分もWEBカメラの監視モニターを見れば一目瞭然です。

 

DSC_1016

アースコムの事務所内には遠隔監視モニタールームを設置し、常時監視しておりますので、すぐに原因が追究できます。
定期点検では気づくことができない不具合が放置されることを防ぎ、異常が検知された時にアラートメールが届くので、故障にすぐ気が付き、駈け付けることも可能です。

 

最近では太陽光メンテナンスの重要性が大きく扱われることが多くなってきました。
施工技術を持ったメンテナンスのプロが、現場と社内の連携プレーで皆様の土地付き太陽光発電所をお守りします。

弊社アースコムの経営方針にもあるように「お客様第一主義」を心掛け、色々とお悩み解決の力になりますので、お気軽にご連絡下さい。

 

今後もブログを通じて、情報を発信していきますので、宜しくお願い致します。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから