サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

最近、埼玉も急に冷え込んできました。

今年の冬至は12月21日です、まもなくです。

 

何故、急に冬至の話を持ち出したのかと言うと、この時期は太陽の高度が年間を通して一番低くなる時期なんです。

この時期は遠隔監視装置で発電状況を見ていても朝方や夕方の影の伸びによる影響を受けやすく監視していても判断が難しい季節です。

 

昔は、現地に行って隣接する建物や木の高さを見るのに目視での検討、というか建物をものさしにして「1階建ての建物で3m、2階建てで6m」などと言う基準を目安に見ていました。

しかし時代が変わって今は便利になりました。
携帯のGPS機能を使った影検索アプリもあります。

弊社も同様のアプリを使って

現地確認の際に、その時の現地の状況だけを見るだけではなく年間を通しての影の動きを予測する事も出来るようになりました。
本日は低圧発電所を4カ所の現地確認をさせて頂きアプリが大活躍でした。

 

メンテナンスを行っている私が言うのも変な話なんですけど
弊社の営業スタッフは、お客様に「とにかく現地をみて欲しい」と言う話をよくしているんですよ。

 

遠方のお客様も沢山いらっしゃいますから、現地まで見に来ていただく事が難しい時は
弊社スタッフが代わりに現地に行って写真を撮ってきたりもしております。

しかしお客様に現地まで足を運んで頂ける際には、現地のご案内もさせて頂いております。
書面だけで見るよりも現場でお話をさせて頂く事で気になる所、問題点も共有できます。

 

雨の日の翌日は
営業スタッフの車の中も泥だらけです。

それだけ、熱心にお客様に接している
証拠なんだと勝手に決めつけていますが。。。

 

これから、完工する物件が立て続けに御座います。
足場が悪い現場には長靴できて頂く事をお願いしている場合もあるかとは思います。

20年間の売電事業を成功させる為に
スタッフ一同、ご協力させて頂けましたら幸いです。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから