サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

 

旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

本年の太陽光発電設備のメンテナンスも早速開始をさせて頂きました。


 

遠隔監視におきましては東北・九州地域など雪の影響により、朝方にてモジュールに雪が残り、発電の開始が遅れる土地付き太陽光発電所も出始めました。

雪は発電量・売電収入に影響を与えると共に、遠隔監視装置の異常検知を鈍らせるので非常に困ります。

 

弊社、株式会社アースコムでは、各土地付き太陽光発電所にWEBカメラを設置し、現地の状況が見える環境を整えております。

WEBカメラを通して現地の状況を把握、気象状況や近隣の土地付き太陽光発電所設備との相対評価によって状況判断をさせて頂いております。

 

昨年、1年間を通して、弊社では400件を超える土地付き太陽光発電所のメンテナンスを任せて頂いております。
その中で遠隔監視装置も7社程取り扱っているのですが、機器の性能が上がるにつれまして、

①気象条件
②冬場の太陽の高度が低い時期の影の影響
③パワーコンディショナーが複数ある場合の立ち上がり時間のタイムラグ

等が軽故障や、異常表示として遠隔画面に表示されます。

 

まだまだ至らぬ点も多々ある事とは存じますが、弊社では現地状況とのすり合わせや機器メーカーによってのアラート項目について、今までの履歴から積み上げてきたデータの活用により、駆けつけの判断やお客様へのご連絡をさせて頂いております。

 


 

本年もお客様のお声を頂きながら、業務改善に努め太陽光メンテナンス事業の向上に努めて参ります。
皆様のご健勝とご多幸をお祈りするとともに、本年もより一層のご支援ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから