サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

 

こんにちは。株式会社アースコム、メンテナンス事業部の清水です。

今年は例年よりも雪が多く降っているようで寒い日が続いていますね。
本日は太陽光発電所メンテナンスの電気点検で、問題が発見出来た事例をお伝えしたいと思います。
電気点検は測定機器を使用してパワーコンディショナやパネルの異常の有無や原因箇所の特定に使用しています。

 

 

先日発電所のメンテナンスに行った際にパワーコンディショナの目視点検で総発電量を確認していると、5台中1台だけ発電量が低いものを見つけました。
影の影響などで発電量に差があることがありますが、今回は電気点検でしたので計測器を使い測定をした結果、パワーコンディショナの5系統中1系統で電圧が出ていませんでした。
計測器ソコデスで異常個所の特定を行い、どこのパネルが異常なのか特定。

 

 

特定箇所を中心にパネル周辺を目視で確認をしましたが、パネル表面などに外傷はありませんでしたが、パネルの裏側のコネクタの抜けが原因で接触不良を発見出来ました。

 

 

IMG_6175

 

太陽光発電所の工事店でもあるアースコムではその場で修正を行い、計測器で電圧の確認が取れました。

 

目視点検だけでは見つけられない事も電気点検なら見つけることが出来ます。
お客様の発電量を維持する為に、日々点検を続けています。

 

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから