サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

こんにちは。
株式会社アースコム メンテナンス課の清水です。

 

本日は過積載についてご案内します。

 

過積載とは、パネルの合計出力がパワーコンディショナの合計出力を越えている状態をいいます。
この際に気を付けたいのは

「パネル発電量はパワーコンディショナの出力を超えて発電することがない」

ということ。

 

このことをピークカットと呼びます。
ピークカットは昼間の発電量が多い時間帯に起こりやすいです。
(注)過積載量にもよる

 

「発電量が多い時間帯にカットされるので損なのでは?」と思われるかもしれませんが、
発電量の多いピーク外の時間例えば、
AM7:00~11:00、PM14:00~18:00の時間帯はパワーコンディショナはフル稼働していません。
このような時間帯にパワーコンディショナをフル稼働させるのが過積載になります。

 
 

すでに稼働している発電所でも過積載をすることは可能です。
しかし注意点もあります。

 


・パネルを増設するスペースはあるか(メンテナンススペースを確保する)
・増設をしても、売電期間は延長されない
・申請している発電出力※を超えてはならない。
・太陽光パネルの増設は導入の費用と保守管理費が増える。


※発電出力とは、「太陽電池の合計出力」と「パワーコンディショナの出力」のいずれか小さい方です。

 

 

申請している発電出力を超えてしまうと売電の買取価格が現行のものになってしまうので注意が必要です。
今後も皆さまのお役立ちが出来るよう情報を更新して参ります。

 

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから