サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

こんにちは。
株式会社アースコムの清水です。

 

関東では梅雨明けが発表され、夏本番がやってきました!
水不足の心配が報道でも流れているように、今回は晴れが続いた梅雨となりましたね。

 

一方で九州では「九州北部豪雨」があり甚大な被害が出てしまいました。
この度の九州北部豪雨で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

九州では多くの太陽光発電所があり、弊社でも大分・福岡・熊本・鹿児島と発電所が多数あります。
今回の豪雨で発電所には被害はありませんでしたが、発電所が水害を受けた場合には注意が必要です。
電気を扱う機器なので、感電などの可能性もあります。

 

JEPAの資料でも下記の記載があります。
「太陽光発電設備のパワーコンディショナや、太陽電池パネルと電線との接続部は、水没・浸水している時に接近又は接触すると感電する恐れがありますので、近づいたり触れたりしないようにしてください。」

http://www.jpea.gr.jp/pdf/t151009.pdf
漂流物などにより、太陽電池パネル、集電箱及びパワーコンディショナが破損したり、接続している電線が切れたりしている場合は、水没・浸水時に近づくと感電する恐れがありますので、近づかないようにしてくださいね。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから