サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

こんにちは。

アースコムの前原です。

 

日に日に寒くなり、冬のシーズンが着々と近づいてきておりますね。
私は寒いのが苦手なので、冬は外にでたくないシーズンでもあります。

 

さて、本日は、「高利回りの落とし穴」に関してお話をさせて頂ければと思います。


 

●「利回り」で気を付けるべきこと

 

このブログをお読みになっている皆様は、物件を検討する際
どのような基準でお探しでしょうか。

 

・利回り
・価格
・メンテナンス対応が良いところ
・営業スタッフの対応

 

などなど、たくさんあると思います。

 

どれもよいことに越したことはありませんが、「利回り」だけは気をつけて頂きたいと思っております。

 

「利回り」は太陽光発電所販売店によって算出の仕方が異なってきます。
例えば、表面利回りの部分でも弊社では土地込みの数字で算出しております。
ですが、他社様によっては設備代金でのみ算出していたり、同じく土地代を込みにしていても造成費が別途・・・。

といった具合に土地付き太陽光発電所販売店によって算出方法は異なります。
もちろん検討をする際の一つの条件にもなりますが、必要な検討項目は「利回り」だけではございません。

 

太陽光業界は、管理が杜撰な会社であったり、詐欺に近いような危険な会社が非常に多いです。
様々な制度の導入により、徐々に減ってきてはいますが、今もそのような会社が存在していることは確かです。

そのような中で、目の前の利回りにとらわれてしまうと、大変なことになってしまいます。

 

太陽光発電事業はおおよそ20年間を見通して行う事業です。

20年間、安心、安全に発電事業が行える会社選びも重要になってきます。
低価格、高利回り、メンテナンス費用も安いという会社もありましたが、現在では倒産している会社も多々あります。
購入した先の会社が倒産してしまっては、残りの期間安定した事業を行う事はとても難しくなります。

 

また、土地付き太陽光販売店と太陽光メンテナンス会社が別会社ですと、何かおきた時の対応で責任の擦り付け合いというケースも非常に多くみられるみたいです。
弊社では、販売からメンテナンスまで一貫して行っておりますので、ご安心くださいませ。

 

 

是非、このブログをお読みになったら、一度でもよろしいので、お話をさせて頂く機会を頂けますと幸いです。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから