サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

こんにちは。
営業2課丹路です。
秋の季節が終わり、本格的に冬シーズン到来となりました。
お昼頃でも寒さが感じられ、体調管理が大事になってくる季節です。
風邪も流行り始めますので、十二分にお気をつけください。

 

本日は、なぜ太陽光の投資商品をお客様が選ばれるのか、その点を少しお話ししたいと思っております。


 

■投資商品の比較

色々と投資商品が多くある中で不動産投資、FX、株、船、航空機、ランドリー、バイオマスなど一度は耳にしたことがあるのではないかなと思います。

株やFXなどは、バブルの崩壊による為替相場の乱高下で痛手も負った人もいると聞いたこともあります。
リターンが大きい分、損失も多いわけですね。

 

■太陽光投資と似ている「不動産投資」

 

その中で太陽光投資と似ているのは不動産投資。

不動産投資は長期的に安定して収益を上げることができる。

という認識があると思います。

 

しかし実際はどうでしょうか。
一時期はリーマンショックや消費税増税の影響で減少が続いていた東京の地価も、2014年以降は約4%上昇しています。
東京オリンピックなどで中古物件や新築も人気が高まってきています。
しかし最も怖いのは東京オリンピックが終了した後の空室リスクです。

自分ではない他人によって影響される不動産投資は頭を悩ませている人も多いです。

 

■太陽光投資の良いところと留意点

 

その点、太陽光発電所はどうでしょうか。
太陽が出ていれば電気を生み、発電することができます。
あくまでもシュミレーションですが、30年間のJISに基づいた日照量などもございます。

 

また、太陽光メンテナンスや保険対応も販売業者にお任せすれば、事業者様は何不自由なく、手間なく、投資をすることができます。

 

しかし太陽光投資も大きなリスクがあります。
一番のリスクは「販売業者選び」です。
上記記載のように太陽光メンテナンス、保険対応は販売業者にお任せすることができます。

では、その販売業者がつぶれてしまったらどうなるのでしょうか?

その後の対応は?メンテナンスは?

販売業者選びを怠り、販売業者が倒産した時に大パニックになる投資家様も数多くいます。

そうならない為にも、必ず販売業者は信頼できるところにしてください。

 

今年よりFIT改正法により電気点検が義務付けられております。
事業計画の提出も今より厳しくなってきております。

国策制度なので厳しくなったのでしょう。
日経新聞で破産、倒産が相次いでいたのもさらに増える見込みとなります。

 

弊社アースコムではお客様第一主義、会社を倒産させないために生き残る為に様々な事を行っております。

 

一度アースコムでお話を聞いてみませんか?
健全な投資を是非アースコムでお手伝いさせてください。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから