サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

こんにちは。
エネルギー事業部営業課、奥田です。

 

今年も早くも12月に入り、世の中はクリスマスとお正月の飾り付けで賑わっていますね。
弊社も9期の決算を終え、新しい10期のスタートを切り、10周年記念キャンペーンと
希少な40円物件の再登場で賑わいを見せています。

 

早速ですが、最近の営業部ではお客様に必ず伝えている3つのことがあります。
1つ目はシミレーションはあくまでシミュレーションであると言うこと
2つ目は現地を必ず確認してくださいと言うこと
3つ目は会社を確認してくださいと言うこと、です

 


 

 

1つ目のシミレーションの件ですが、これはどこの会社でも保証ができないものになります。
必ずご自身で再度の確認や第三者機関にて確認をしていただければと思います。
もし多すぎるなぁとか少な過ぎるなぁなどのお声があればそれに合わせたシミレーションも

作成させていただきます。また、他社様との比較も可能ですので、ご依頼くださいませ。
意外と安く感じられる会社のものも、同条件で比較すると後から付け足し付け足しで逆に高額になってしまうケースもあるようです。

 

2つ目の現地確認ついては、今の日本の状況では全く影がないという土地は無いに等しいです。
電柱、木、山などの自然条件の中で太陽光発電所は運営されます。
その中でご自身が所有される物件が基本シミュレーションに対して、
どれぐらいになりそうなのか、必ずご自身の目での確認をお願いいたします

 

3つ目の会社の確認ですが、最近太陽光業界では倒産が相次いでいます。
そんな業界の中で、弊社の新しい経営理念では100年挑戦企業になると謳っています。

それが本当かどうかご自身の目で確かめていただければと思います。

初めていらした方は弊社の環境整備の実施による掲示物やPDCLAサイクルの回し方に驚かれる方が多いです。

 

また、帝国データーバンクなどの外部機関の確認もお願いしております。
私のお客様でここに載っていない会社に手付金を支払ったのちにその会社が
すぐに倒産してしまい、後悔されている方がいらっしゃいます。

 

弊社はメンテナンスの会社でもあり業界では珍しい遠隔監視ルームがございます。
ご自身が発電所を手にされた時、20年間の管理を弊社がどのようにするか想像してみてください。

遠隔監視(こちらはお客様とアースコムの両方でみられます。)で発電量を、

ウェブカメラ(こちらはアースコムからのみ観られます。)で現地の自然状況の確認が可能になっております。

 


 

 

以上の3つのことをもとに最終的にご購入いただけるかそれとも見送るのかの
ご判断をご自身の目でしていただければ幸いです。
社員一同、ご来社をお待ちしております。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから