サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

こんにちは。

株式会社アースコム・メンテナンス課の坂本です。


 

『太陽光発電所と積雪対策』

土地付き太陽光発電所が稼働し、発電が開始すれば、私達アースコムのメンテナンス課がお客様の大事な太陽光発電所を守る役目ですが、やはり この時期の積雪の状況は毎年、困ってしまいます。

 

 

●「積雪地域だが、設置して大丈夫か?」、気を付けるポイントは?

設置角度や架台の高さを変えるだけで、十分な対策になります。

 

IMG_5820

 

積雪地域では、地面からパネルまでの高さをなるべく高くすることをお勧めします。
パネルに積もった雪は、太陽が出れば溶け、下に滑り落ちていきます。
少ない積雪量であれば、架台が低くても問題ありませんが、大雪が降った場合は、パネルの軒側に溜まり、雪が積み上がりパネルを覆ってしまうこともあります。

 

 

『積雪にも強い「ソーラーフロンティアパネル」』

パネルに雪が積もってもソーラーフロンティアの「CISパネル」は影の影響を受けにくい特性がありますので、一部分に雪が残ってしまった場合でも、他のパネルに比べて出力低下が低いのが特徴です。

 

IMG_5819

 

当社では、各発電所にカメラを設置し、各発電所の天候状況等をモニター監視しています。

 

IMG_6032

 

モニタリングは異常を早期発見できます。
遠隔装置、モニタリングで解決しない問題は現地で解決致します。

 


今後もブログを通じて、情報を発信していきますので、
宜しくお願い致します。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから