サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

 

先日弊社、株式会社アースコムにてソーラフロンティアのスタッフによる勉強会を開いて頂く事が出来ました。

 

その際に得た知識を是非、ブログを読んでいただいたお客様に知って頂きたいと思い
今回はソーラーフロンティアがいかに優れているのかこの場を通して共有させて頂きます。

 

そこで知って頂きたいのはお客様や同業他社様でなぜソーラーフロンティアが最強と言われるのかと言う理由です。

 

それは、最強の「実発電量」という実績を築いてきたソーラーフロンティアだからこそ、得てきた信頼です。

 

モジュールの性能を比較する際の条件は

太陽電池モジュールに対して温度25℃、放射照度1000W/㎡等の条件下で比較した性能のことですが

日本でこの条件と同じ状態になるのは、1年間にわずか2~3時間程度。

通常の晴天時でも、太陽から届くエネルギー量は、この条件の6~8割程度です。

 

また、直射日光を浴びた太陽電池モジュールは温度が上昇し、温度が25℃を上回ることが大半です。

だからソーラーフロンティアは、理論上の数値よりも、「実発電量」の多さを追求しています。


 

【 CIS太陽電池の「実発電量」が多い、3つの理由 】

 

1. 高温時の出力ロスが少ない

 

CIS太陽電池は温度特性上、高温時でも出力ロスを抑えらます。

真夏の晴天時、太陽電池モジュール温度は約60~80℃に達し、出力ロスが発生しますが
CIS太陽電池は、結晶シリコン系に比べて温度係数が小さいため、
高温時でも出力ロスを小さく抑え実発電を得る事ができます。

 
 

2. 部分的な影の影響が少ない

 

それは結晶シリコン系太陽電池モジュールとCIS太陽電池モジュールの構造の違いです。

太陽電池モジュールの一部に影ができると、モジュールの中に発電しないセルが発生し、
結晶シリコン系の場合、モジュール全体の出力が大きく低下します。

 

CIS太陽電池は、影による出力低下は一部に留められ、全体への影響は少ないです。
それは構造自体が違うから得られる成果なのですが

結晶シリコン系のようなセルの組み合わせではない為、マイクロクラックやスネイルトレイルも
発生しませんので想定されるリスクが軽減されます。

 
 

3. 太陽光に当てると、実際の出力がアップ

 

CIS太陽電池特有の光照射効果があり、太陽光に当たると初期値に対して出力が上がるという性質が試験の結果で得られています。

 

この特性により実際の太陽光の光を浴びて発電するパネルは高い実績値を継続して発電する事ができ、

太陽光を浴びて太陽電池モジュールが高温になっても1の特性により発電ロスを最小限に抑え最強の「実発電量」を得る事ができます。


 

最後に
ソーラーフロンティアは、昭和シェル石油(株)〔旧 昭和石油(株)〕が太陽電池の研究開発を始めたことにより出来た会社です。

 

この母体となる会社がある事により
20年間の売電事業を行っていく上で安心のサポートを受ける事が出来るんです。

 

ソーラーフロンティアと提携できる会社は200社中2社。アースコムはその1社です。

 

弊社、株式会社アースコムを通して
ソーラーフロンティアの発電所に興味を持っていただけましたら幸いです。

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから