サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

こんにちは!営業企画課の関根です。

弊社代表書籍発売から、お客様よりご購入の声を多数頂いております。

誠にありがとうございます!
そこで、書籍

お金を増やす人は投資をするときどこを見ているのか

より、その内容を引用しつつ、ご紹介していきます。

 


今回のテーマは

「信頼できる『販売会社』選び」

についてです。

 

信頼できる販売会社とはどのような会社でしょうか?
書籍では、7つのポイントを挙げています。

 

①銀行から積極的に借入をしている
②「経営トップ」が正直である
③社員教育に取り組んでいる
④メンテナンスサービスがしっかりしている
⑤信頼できるビジネスパートナーと協力している
⑥資金調達のお手伝いをしてくれる
⑦自社の商品に投資をしている

 

全てお話しすると長くなってしまうため、

本ブログでは「①銀行から積極的に借入をしている」について、
書籍から少しだけご紹介します!

 


昨今の太陽光業界では、

太陽光販売会社の黒字倒産

が相次いでいます。
それは何故か?
メルマガで使った黒字倒産の画像
太陽光発電の設置は、先に設置費用を販売会社が負担します。
つまり、「支払いが先で入金があと」の図式ができます。
お客様が信販をご利用の場合、
販売会社にお金が入るのは「完工・連系・登記後」です。
このため、「資金が途切れるタイミング」が発生してしまい、

倒産しやすくなってしまいます。

 

 

アースコムでは黒字倒産を防ぐため・十分な運転資金を確保するために、
「銀行から借り入れをして、現金を持っておく」こと
が重要と考えています。

 

これについて、弊社代表・丸林はこのように書籍に記しています。

 

「一般的に、『会社は、借金をしないほうがいい』『無借金経営をしている社長は優秀だ』と考えられています。」
「ですが私は、無借金経営の会社よりも、
『銀行から借り入れをして、現金を持っている借金経営の会社』のほうが、
倒産するリスクが少ないと考えています。」

 

産業用太陽光は、コストも時間もかかります。
そのため、キャッシュフローをよくするために、銀行から積極的に借入をしているのです。

 


 

 

このほか、「万が一に備えて、緊急支払い能力を高める」目的のためにも借入をしていますが、その詳細や融資の引き出し方についてはぜひ、書籍をお確かめ下さい!

 

いかがでしたでしょうか?
次回は、
②『経営トップ』が正直であること
についてご紹介いたします!

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから