サムネイル

COMPANY INFO 企業情報

会社の歴史

アースコムの歴史

土地、屋根が無くてもより多くの人に太陽光の恩恵を享受していただきたい。
そんな想いから、誰でも手間なしで始められるソーラーアースが誕生しました。

 

太陽光の販売を始めたきっかけ

太陽光の販売を始めたきっかけ

屋根型太陽光発電システムには向き不向きがあり、屋根の角度・材質・方角など、条件が合わずに断念された方を多く見てきました。本来、再生可能エネルギーは国民全員参加型のはずなのに、『設置したくても出来ない』という矛盾。『より多くの方に参加して頂きたい』という思いから、弊社でベストな立地条件に太陽光発電を設置し、お客様に20年間の売電・環境事業に手間なしで参加して頂ける環境を整える事に致しました。

 

商品サービスにかける想い

商品サービスにかける想い

近年温暖化の影響で、国内各地で異常気象も少なくありません。
この防ぎようのない自然災害から太陽光システムを守るため、弊社では自然災害に対して20年の休業補償を付帯しています。大手保険会社との連携により、365日お客様の発電所をお守りし、安心をご提供させて頂いております。

EPC(設計・建設・調達)の試行錯誤

土地、屋根が無くてもより多くの人に太陽光の恩恵を享受していただきたい。
そんな想いから、誰でも手間なしで始められるソーラーアースが誕生しました。

 

建設 Engineering

建設

設備の建設を進める中で、電力会社の引き込み柱の位置を現地で決める際、電柱や電線の影の影響を考慮し位置を決めます。その際は現場の進行状況と商材の納品のタイミングを合わせることが大切です。タイミングを間違うと作業スペースや重機の移動の妨げになり工期に影響が出る恐れがあります。また、現場では雨天時での作業があり、天候によって工程に遅れがでてしまいますのでその分、他で調整しなくてはいけません。土木、電気、設置業者が分かれている為、工程・進捗が把握しづらいということもありました。

 

調達 Procurement

調達

太陽光発電所の建設で完工が12月や3月といった年末・年度末が多く、その時期に急遽資材の調達が発生した場合、商社も在庫を抱えていないことが多々あります。 多数の商社はもちろん各協力会社などに在庫の確認や紹介などをしてもらい資材をかき集めたりすることがありました。

 

設計 Construction

設計

公図等を基準にパネルレイアウト図を作成しても実際に測量した後だとレイアウト通りに納まらない場合や、電柱、パネルの影を考慮して図面作成する為、思い通りにならないときもありますが社員と現場でアイデアを出し合うことでより早く解決へ導いています。

企業情報コンテンツ

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから