リスクについて

RISK01

発電に関するリスク

電圧上昇抑制が生じた場合、抑制中のみ売電できません。

■電圧上昇抑制とは?

電流は電圧の高いところから低いところへ流れます。通常、電力会社は法の定める範囲(101V±6V)の間にて調整していますが、電力の需給バランスにより107Vを超えてしまうことがあります。そうなった場合、太陽光発電設備のパワーコンディショナーにて「電圧上昇抑制」が働き、売電を停止します。

 

発電量が上がる真夏の10時~14時頃は発電UPにより、抑制がかかる場合がある。

付近に大きな工場などがある場合、電気を使用しているため平日はよいが、休日は需要と供給のバランスが崩れるため、抑制がかかる場合がある。

対処法は?

■完璧な対処法はありません。

イメージより精度の高い遠隔監視装置を設置することにより、電力会社との交渉やパワコンの電圧を変えることによって対応できます。

ソーラーアースコンテンツ

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから