リスクについて

RISK02

施工リスクはメンテナンスで発見します

安かろう悪かろう工事・表面利回り重視によるずさんな施工が問題。

イメージ

■実際に起こったトラブルへの対応例:パワコンの故障

原因
発生1日目

遠隔監視システムより10台のうち1台パワコンの発電データが出ていないことが判明。

対応
対処7日目

メーカーに対し初期不良を証明し、経済的デメリットを解決しました。

 

■24時間正常稼動を監視。最短でのトラブル回避を実現させるアースコムの監視システム。

資産である太陽光発電所は、安定した発電をおこなってこそ資産と言えます。
弊社はその運用が安全に行われているかの監視体制とメンテナンスを自社での独自サービスとして展開しており、お客様に安心をお届けしております。

 

イメージ

施工業者を見るポイントは?

■設置実績

施工基準に沿った施工でなければ補償が受けられません。 弊社では、メーカー指定のマニュアルに沿った施工を徹底しているためもちろん補償対象内です。5年以上の経験値が大切です。

 

イメージ

 

■製品に関すること

初期不良は点検しないと発見できません。 点検ミスで発火ということも。 点検時に発見できなければ取り換えもできません。

 

イメージ

 

■工事補償

イメージ万一の場合の補償体制。 絶対安全!はありません。
弊社では万一にも備えた最長20年の工事補償を用意しています。

弊社は施工基準をクリアし、4,000件以上の豊富な施工実績がございます。

接続環境によって付帯工事の漏れも継続発電にダメージ。

■低圧物件(50kw未満)

内容 生じる場合
電線の引き込み工事 電柱との距離が開いている場合
電圧上昇対策工事 そのエリアの電圧値が高い場合
電圧上売電メーター(アンペア数により上がる) 必須

■高圧物件(50kw以上)

内容 生じる場合
高圧電線の引き込み工事、及び電圧上昇対策工事 そのエリアの電圧値が高かったり
高圧を引いていない等の場合
高圧線
売電メーター(アンペア数により上がる) 必須
高圧線をつなぐための「電柱」の建造
(※必須ではない)
地上設置の場合など、高圧線が地面
に近いなどの場合
売電用の高圧受電設備
(キュービクル)の新規設置
必須
棚、及び棚の設置工事 地上設置の場合必須

電力会社の検討結果を経てからでなければ、具体的費用はお伝えできません。
※一般的な付帯工事の例であり、他に必要となる工事が発生する場合もあります。

弊社では上記のような付帯工事も適切に行い長期にわたる
安定発電の実施に務めています。

ソーラーアースコンテンツ

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから