リスクについて

RISK04

低流動性のリスク

通常考える「リスクとリターンの関係」

 

イメージ

 

前提条件

いつでも売却できること

いつでも売却できることを「流動性が高い」と言います。

たとえ保有した物の価値が上がったにしても、売却して利益を実現できなければ意味がありません。
価値が下落した場合に「損切り」で売り逃げしようと思っても売れないのであれば、損失の拡大を止められません。

 

リスクには様々な種類がありますが、実はこの「流動性」こそが最大のリスクです。

考えるべき順序

■太陽光発電所の購入検討手順

流動性があるか

いざという時「売却処分ができるのか」
「その処分は容易なのか」考える

Liquidity

リクイディティ=流動性

リスク・リターンの
バランスが取れているか

「流動性があって初めてこの検討に入れる」
ということに注意する

Sharp Ratio

シャープ・レシオ※

 

※金融では「リスク=価格変動の標準偏差」なのでリターン÷リスクという計算で「リスク1単位あたりのリターン」を比較します。

投資額は
身の丈にあっているか

良い投資が見つかっても
サイズを間違うとリスクを支えきれない

Position Management

保有額の管理

 

今後・・・セカンダリー市場は中古物件市場、拡大 DD【デューデリ価値は発電所管理実績】。

・資産価値が落ちにくい構成での商品をづくり。
・徹底した保守管理で発電所の資産価値を上げることができる。
・正当なDD評価を付けれる独自能力で売却できる。

ソーラーアースコンテンツ

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから