背景 アイコン 自然エネルギーで農業のミライを拓く ミライ型農業プロジェクト 自然エネルギーで農業のミライを拓く ミライ型農業プロジェクト

アースコムのミライ型農業プロジェクトとは? 農業収入に加えエネルギー発電により売電収益も得る 未来の農業を守っていく新しいプロジェクト アースコムのミライ型農業プロジェクトとは? 農業収入に加えエネルギー発電により売電収益も得る 未来の農業を守っていく新しいプロジェクト

ミライ型農業プロジェクトの目的 ソーラーシェアリング事業を通して、持続可能なエネルギー社会へ貢献する ミライ型農業プロジェクトの目的 ソーラーシェアリング事業を通して、持続可能なエネルギー社会へ貢献する

ソーラーシェアリング事業を通して、持続可能なエネルギー社会へ貢献する ソーラーシェアリング事業を通して、持続可能なエネルギー社会へ貢献する

課題 図 課題 図

上記の課題と解決に大きな貢献を担い「地産池消の復興まちづくりに」

ソーラーシェアリングについて

ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)は、一つの土地を農業と太陽光発電事業でシェアする仕組み。田んぼや畑に支柱を立てて太陽光発電を行い、太陽光パネルの下で作物を育てるようなイメージです。
ソーラーシェアリングが許可されたのは2013年3月。
農林水産省から出された「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取り扱いについて」という通達によるものです。基本的に農地は農業以外での使用が認められていませんが、この通達により、条件を満たせば農地での太陽光発電事業、すなわちソーラーシェアリングが可能となったのです。一つの土地をより有効活用できる手段として、注目度が高まっています。

ソーラーシェアリングの仕組みとは?
ソーラーシェアリングの仕組みとは? ソーラーシェアリングの仕組みとは? 三角 三角 三角 三角

ソーラーシェアリングは「農地の一時転用」という形で、農地での太陽光発電事業を可能にします。
前提として、土地には種類があり、「農地」に属する土地は使用用途が農業に限定されているため、そこで農業以外の事業を行うことができません。もし農地で太陽光発電事業を考えるのであれば「農地転用」という手続きを行い、農地を「雑種地」や「宅地」などの地目に変更する必要があります。
農地には「農用地区内農地」「甲種農地」「第一種農地」など、農地転用が許可されていないものも存在し、その場合は太陽光発電事業を諦めなければなりません。
ですが、農地の一時転用であればほとんどの農地で可能です。
「農地の一時転用」では、地目は農地のまま、太陽光発電設備の支柱を建てる部分のみの転用をすることになります。支柱の部分以外は農地の扱いになるため、しっかりと農業を継続できることが条件の一つになっています。
FITの適用は20年間ですが、一時転用には3年(条件によっては10年)という期間の制約があります。
ですが、一時転用は3年(もしくは10年)毎に許可を再取得することができるため、FITの満了まできちんと太陽光発電事業を継続することができます。

急速に導入が進んできている理由とは? 急速に導入が進んできている理由とは?

営農型太陽光設備を設置するための 農地転用許可件数 営農型太陽光設備を設置するための 農地転用許可件数

ソーラーシェアリングの導入で 未来の農業が変わります!

画像
ポイント 日本の農業の未来を変える アースコムのプロジェクトが始動
二つの選べるプロジェクト
土地を売却する場合のメリット
土地を貸し出す場合のメリット
アースコムのビジョン 「榊」栽培を福島の復興事業に!福の榊 アースコムのビジョン 「榊」栽培を福島の復興事業に!福の榊
お客様の声 お客様の声
ご契約の流れ フロー ご契約の流れ フロー
こんな土地をお持ちの地主様にオススメです! こんな土地をお持ちの地主様にオススメです!
0120-073-224 0120-073-224
お問い合わせフォーム
お名前必須
会社名任意
電話番号必須
郵便番号任意
住所任意
メールアドレス必須
お問合わせ内容任意
メールでのお問い合わせはこちら