遠隔監視

低圧 高圧

ソーラーモニターや監視センターで、
細かな異常をいちはやく察知して対応します。

 

お客様太陽光発電サイトの状況を24時間365日で常時監視。
故障の早期発見、問題箇所判別を行い、お客様発電所のダウンタイムを最小限に抑えます。

 

図1

 

遠隔監視の必要性

 

太陽光発電システムにおける発電事業は、20年間の事業計画となります。
売電時に、モジュールやシステムのトラブルで発電量が低下した場合、早期に発見ができなければ売電収入が減少するリスクを持っています。
例えば、50kWの太陽光発電システムで、トラブルにより、1ヶ月間売電できなかった場合、約18~20万円の損失となります。
独立行政法人産業総合研究所の調査では発電開始10年以内での太陽光パネルの不具合は13%、パワーコンディショナーの不具合は17%の報告もあり、売電事業に対するダウンタイムの軽減の為には、発電監視は不可欠です。

 

図2

※現地システムの組み合わせに適した遠隔監視装置を設置させて頂きます。
※遠隔監視装置に関する通信費はお客様のご負担となります。(月額2,500円~)

 

 

 

 

お問い合わせ パッケージ料金