サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

 

こんにちは。
株式会社アースコム エネルギー事業部 営業課の北村です。

 

厳寒の候、皆さま風邪など召されずにお過ごしでしょうか?
インフルエンザも流行っておりますので、皆さま手洗いうがい等の予防をしっかりとし、くれぐれもお気を付け下さい。

 

 

 さて、ここで本題に入りますが、前回の初心者講座でお伝えいたしました「パワーコンディショナー」について学んでいきましょう。

 

 パワーコンディショナーとは、直流の電気を交流に変換し、家庭用の電気機器などで利用できるようにするための機械です。

 太陽電池などから発生する直流電力を交流電力に変換した上で、家庭内での利用、または蓄電池への充電、系統への売電などに適した、安定した出力に整える役割を担っています。

通称、パワコンPCS(Power Conditioning System)とも呼ばれております。

 

 

 まず、パワコンに関しては、今は日本製(または実績のあるヨーロッパ製)が主流となっております。
パネルは日本製派(ドイツSMA社は含む)と中国製派(または韓国製/台湾製)に分かれるのに、パワコンに関してはほとんどが日本製派です。

 

 ここで、太陽光パネルは住設品、 パワコンは電化製品に例えていきます。
住設品であるキッチンやバスルームって10年くらいで故障したり交換したりってあまりないですよね!?初期不良を除けば、あまり故障しません。

一方のテレビとか洗濯機の電化製品は住設品と比べると故障のリスクは遥かに高い・・・。

パワコンも20年間の間には何らかのトラブルが発生するのが普通だと考えられています。

 

 

 

もしもパワコンが故障した時、新品と交換するよりも基盤だけを交換する方が安上がりです!

 

 倒産してしまった、または日本法人のないパワコンメーカーだと基盤を取り寄せるにも、基盤自体が存在しない、あるいは取り寄せに相当な時間がかかる可能性があります。

国産なら対応も早いですし、万一の倒産時(事業撤退時)も事業引き継ぎ会社がサポートを継続していく可能性があります。

 

 また、パワコンの技術革新が進み、初期導入のパワコンが故障した頃に、スペックが格段に良くなっていて価格も安くなっていれば、買い替えもお考えになった方が良いです。
買い替え時に同一メーカーでの買い替えなら新旧の互換性があるので複数台連系も問題なく継続されると思われます。

異なるメーカーでの複数台連系の場合は電力会社から連系拒否の可能性がないとは言い切れません。

 

 

以上、パワーコンディショナーについてでした。
アースコムでは安心の国産パワコンを使用している太陽光発電所を多数ご用意しております。

 

詳しくはこちらまで⇩⇩⇩お問い合わせ下さいませ。
お問い合わせはこちら

 

(関連ページ)

【太陽光発電所 初心者講座その②】

カテゴリ

タグ

FIT,今後

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから